女性の体のしくみ(内性器・外性器)

不妊治療(原因や治療法)

女性の体のしくみ

女性の体内にある内性器と体外にある外性器の働きを理解しましょう。女性の体のしくみ(内性器・外性器)について図解と一緒に紹介していきます。
女性の性のしくみ

不妊症について考えるとき、あるいは、なぜ妊娠しないのかと考えるときに、重要なのは、男性・女性それぞれの性のしくみをよく理解しておくことだと思います。妊娠するということは、女性の卵子と男性の精子が、タイミングよく遭遇して、ひとつになることから始まります。そして、卵子と精子の遭遇する環境をつくるために、それぞれの働きをしているのが男女両性の性器(生殖器)です。
女性の性器には、内性器外性器があります。内性器はからだの内部にあって、新たな生命を生み出すための女性特有の器官です。そのおもなものは、子宮卵巣卵管などです。また乳房はからだの外にあって外性器といわれます。

女性の体のしくみ図解

女性の内性器

胎児を保育する子宮と外界をつなぐたいせつなパイプです。性交渉のとき男性のペニスと結合して、男性が射精した精液を子宮に運ぶ通路となります。子どもを出産するときの産道や、月経血を排出するための通路の役も果たします。
長さは平均で七センチほどの筒状で、内面は伸縮にがある粘膜でできています。腟内にはデーデルライン悍菌という菌が乳酸をつくり、これがいつも掟内を酸性に保って、子宮や腟を感染から守っています。これを腟の自浄作用といいます。

卵巣

左右に一個ずつある卵巣は、生命のもとである卵子を排卵して精子との結合を待ちます。卵形をしていて、うずらの卵ぐらいの大きさです。弾力性があり、表面は多少硬く、凹凸のある扁平な臓器です。初潮から閉経まで、毎月左右の卵巣が交互に一個ずつの卵子を排卵します。女性は一生のうちで400~500個の卵子を排卵するといわれます。
卵巣からは、女性ホルモンのエストロゲン卵胞ホルモン)、プロゲステロン黄体ホルモン)が分泌され、女性らしさをつくるとともに、妊娠の成立や継続にも大きな影響を与えます。

子宮

子宮は女性内性器の中心的臓器です。下方(外子宮口)で腟とつながっている鶏卵大・洋梨状の容器で、受精卵を着床させ、栄養を補給し、保護しながら、胎児を発育させる保育器です。胎児が成育して分娩の時期になると、胎児を産道に送り出します。
卵管 外側のはしは卵巣に接していて、内側のはしは子宮の内膜とつながっています。約10~12cmのパイプ状になっていて、卵子や受精卵を子宮へと運びます。卵管内部には、無数のヒダや隆起、柔らかい毛がありますが、これらはすべて子宮の方に向かって運動しています。受精卵が子宮に到達しやすくしています。一方、射精された精子が、受精のために卵管膨大部に向かうときは、この連動に逆行して、自身の運動で通過していきます。

女性の外性器

女性の外性器には、乳房のほかに、体内から外部に開口した経口と、その近くにある、尿道口、バルトリン腺、恥丘、大陰唇、小陰唇などがあります。

乳房

分娩をしたそのときから、子どもに栄養を与える授乳というたいせつな役割をする器官です。妊娠すると、それまでよりも大きくなり、分娩後は乳汁を分泌します。また、乳腺の発育は、女性ホルモンに関係しています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ