子宮筋腫の症状と治療(女性不妊)

不妊治療(原因や治療法)

子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍のことをいいます。筋腫があっても自覚症状がなく、婦人科検診などで発見される人もいます。
主な症状

●生理の出血量が多い
●生理痛が激しい
●貧血になる

子宮筋腫の特徴

子宮筋腫の症状

子宮筋腫は、子宮にできた良性の腫瘍。40歳代の女性の30%にあると言われるほど、よくみられる病気です。子宮筋腫は3つのタイプがあり、できた部位により、粘膜下筋腫(子宮の内側)、筋層内筋腫漿膜下筋腫(子宮の外側)に分けられています。不妊にもっとも関係するのは粘膜下筋腫です。受精卵が着床するのが子宮粘膜なので、そこに邪魔な筋腫があれば、着床しにくくなります。あとのふたつは、あまり大きくならない限り、不妊の原因にはそれほど関係しません。
子宮筋腫は小さいうちはほとんど症状がないのですが、大きくなってくると、生理の出血量が多い、生理痛が激しい、貧血などの症状が現われます。超音波検査などで偶然発見されることもめずらしくありません。

子宮筋腫の種類図解

子宮筋腫の治療

子宮筋腫が不妊の原因になっている場合、治療は、子宮を温存して筋腫のみを摘出する手術が行われることになります。開腹して摘出するのが一般的でしたが、術後の癒着がかなりの高率で起こります。つまり手術によって、さらなる不妊の原因を作ることにもなりかねません。
したがって、最近では子宮筋腫の摘出は、開腹することを避ける方向で行われるようになってきました。腹腔鏡によってアプローチすることもあれば、経腔的に摘出することもあり、それによってその後の妊娠を期待しやすくなりました。こういった流れから、子宮筋腫の摘出にも、セカンドオピニオンが必要な時代になってきています。

子宮動脈塞栓術図解

子宮筋腫の最新の治療に、子宮動脈塞栓術(UAE)があります。子宮筋腫につながる動脈を塞栓物質でふさぎ、酸素や栄養を通さなくして筋腫を小さくする方法です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ