男性の不妊検査(種類・原因)

不妊治療(原因や治療法)

男性の不妊検査

男性の不妊検査は女性に比べて検査項目は少なく、精子・精液関係がほとんどです。
男性の不妊検査について

不妊原因のほとんどが精子に

男性不妊の原因男性の場合、女性のように検査項目は多くありません。現在わかっている男性の不妊原因のほとんどが、精子に関することに限られているからです。加えて、女性のように画期的な治療法もまだありません。
女性と比べると、調べることも、治療としてできることもまだまだ限られています。なお、男性の場合、基本的には泌尿器科の医師が診察を行います。
検査の種類

初診時の検査

初診時には、問診、触診や視診、血液検査などが行われます。

問診
過去の病歴や生活習慣、性欲や性交渉に関することなどについて質問されますが、問
診表に記入して答える場合が多いようです。
触診・視診
触診・視診 精巣(睾丸)など性器の状態や、体毛の状態などを調べます。
血液検査
染色体やホルモンバランスなどを調べます。

精液検査

男性の行う検査のなかで、もっとも重要な検査といえます。とはいえ、検査方法は簡単です。スターベーションによって精液を採取して、精液や精子の状態を調べます。一回の精液採取からは、以下のような重要な項目を調べることができます。ただし、たった一回の精液検査では、原因を確定することはできません。それというのも、精液の状態は、その人のそのときの体調によって変動するものだからです。
検査結果がわるい場合には、再検査をするので、一度だけの検査結果で一喜一憂することはありません。ゆっくりと検査結果を待ちましょう。

精液検査図解

精液量
一回で射精された精液の量を調べます。少ない場合には、逆行性射精の可能性があります。
精子数
精液1mℓ内に存在する精子の数を調べます。200万以下なら乏精子症、精子がまったくいない場合には無精子症と診断されます。
精子運動率
連動率のわるい精子がどのくらいいるかを調べます。正常な精子が全体の50%未満なら精子無力症と診断されます。
精子奇形率
奇形の精子がどのくらいいるかを調べます。正常形態精子が全体の30%未満なら奇形精子症と診断されます。
白血球数
精液一融中に含まれる白血球の数を調べます。100万個以上なら膿精子症と診断されます。

精巣検査

無精子症と診断された場合に行われます。精子がいるかどうか、また、成熟した精子がいなかった場合でもどこまでつくられているのかを知ることができます。精液検査で精子が一個もいない(無精子症)と診断されても、この検査で精子が見つかることもあります。方法は、局所麻酔などで麻酔をしてから、精巣の組織を一部切除し、顕微鏡で調べます。

精巣精管造影

精巣でつくられた精子が正常に運ばれているかどうかを調べる検査です。精管に細い針で造影剤を入れ、X線で撮影します。局所麻酔で陰のうを1cm程度切開するため数日間痛む場合もありますが、日常生活に支障を感じるほどではありません。
この検査では、精巣のわきにある精巣上体(副睾丸)や精嚢の状態もよく知ることができます。

精子抗体検査

普通、男性には精子抗体はありませんが、まれに過去の外傷や感染症などが原因で、精子抗体がつくられているケースがあります。血液検査で調べられます。

ハムスターテスト

ハムスターの卵子を使って、精子が受精できるかどうかを調べる検査です。透明帯を取り除いたハムスターの卵子に、採取したヒトの精子をつけて受精率を調べます。受精能力の程度によって、人工授精体外受精顕微授精のいずれの方法をとるかを決定す
るときに役立ちます。

ホルモン検査

血液を採取して、ホルモンの状態を飼べます。おもに黄体化ホルモン(LH)卵胞刺激ホルモン(FSH)プロラクチン(PRL)テストステロン(男性ホルモン。T)について調べます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ