黄体機能不全の症状と治療(女性不妊)

不妊治療(原因や治療法)

黄体機能不全

黄体機能不全とは、卵巣から分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)が、十分に機能していない状態のことをいいます。
黄体機能不全の特徴

黄体機能不全の症状

黄体ホルモングラフ黄体ホルモンは、女性の体温を上昇させて、妊娠しやすい子宮内環境をつくる役割を果たしています。しかし、このホルモンが正しく分泌されていないと、排卵した後もあまり体温が上がらず、子宮内膜もさほど厚くなりません。また、黄体期が短縮して生理周期が短くなってきてしまいます。つまり、黄体ホルモンが不足すると、妊娠のための下準備が十分に整わない状況に陥り、妊娠しにくくなってしまうということになります。
ちなみに、毎日、基礎体温表をつけていれば、この病気ではないかと、自分で疑いを持つことができます。黄体機能不全の場合、基礎体温グラフの高温期低温期の区別がはっきりしません。具体的に言うと、高温期の日数が8~10日以内、高温期と低温期の平均の差が0.3度以内なら、この病気を疑ってみる必要があるでしょう。

基礎体温グラフ

基礎体温グラフ

黄体機能不全の治療

医療機関を受診した場合、高温期の中ごろに採血を行い、黄体ホルモンの値が10ng/mℓ未満であれば、黄体機能不全と診断されるのが一般的です。
治療法は、従来は黄体ホルモンを補充する方法がとられてきましたが、最近は、排卵誘発剤により排卵を促進させる治療が主流です。この方法により、妊娠率が高まるとも言われています。それと、黄体ホルモンの分泌はストレスとも深く関わっています。普段から過剰なストレスを抱え込まないように、注意を払うことも忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ