女性不妊・機能性不妊(原因不明不妊)

不妊治療(原因や治療法)

機能性不妊

機能性不妊とは、不妊に関係する明確な異常が見つからない、原因不明の不妊症です。
機能性不妊の特徴

機能性不妊とは?

機能性不妊(原因不明不妊)機能性不妊とは、不妊に関係する明確な異常が見つからない、原因不明の不妊症です。残念ながら、さまざまな角度から不妊の検査を行っても、10~30%の人が「機能性不妊」と診断されてしまいます。
不妊の検査では、卵巣、子宮、卵管などの器官に異常がないかどうか、また、基礎体温、各種のホルモン値が正常がどうかがチェックされます。さらに男性因子を調べる精液検査、精子と頚管粘液の相性を調べるヒューナーテストなども行われます。それでも異常が見つからなかった場合、機能性不妊と診断されます。

機能性不妊の検査

腹腔鏡検査図解機能性不妊の人を対象に腹腔鏡検査が行われます。腹部(へその下)に1cmぐらいの穴をあけ、腹腔鏡という内視鏡を入れて子宮や卵巣、卵管、骨盤内を観察する方法です。この検査をすると、かなりの高頻度で子宮内膜症が発見されるのがその理由のひとつです。また、卵子をキャッチするキャッチャーミットである卵管采に異常が見つかることもあります。さらに、卵管周囲の癒着などが見つかることも多く、腹腔鏡検査を行えばこれらの治療を同時に行えるという利点があります。
もし、あなたが機能性不妊と診断されたなら、これまでどのような検査が行われたが、くわしく医師に聞いておきましょう。機能性不妊の診断は、医師の診断能力により大きく左右されます。腹腔鏡検査ができない場合、転院も必要かもしれません。また、腹腔鏡検査を行う医療機関は、なるべく入院設備のある産婦人科を選ぶようにし、転院に際しては、重複して同じ検査を受けないためにも、紹介状を書いてもらいましょう。

子宮内膜症図解

スポンサードリンク

ページの先頭へ