排卵誘発剤(効果・副作用・タイミング)

不妊治療(原因や治療法)

排卵誘発剤

排卵誘発剤とは排卵をうながし、黄体機能を高め、基礎体温を安定させる薬です。排卵誘発剤についての基本的な知識をもっておくは重要です。
排卵誘発剤の特徴

排卵誘発剤の効果

超音波検査不妊治療は、ほとんどがタイミング法からスタートします。男性にも女性にも不妊の原因がとくに見あたらなければ、経腟超音波検査によって排卵日を予測し、夫婦生活のタイミングを指導します。そのとき、少しでも妊娠率を向上させるためによく使用されるのが、排卵誘発剤です。
排卵誘発剤と聞くと、身がまえてしまったり、「障害をもった子が生まれてくるのでは?」と考える人がいます。しかし、その心配はありません。排卵誘発剤は、文字通り排卵をうながす薬です。そのうえ黄体機能を高め、基礎体温を安定させる働きがあります。排卵誘発剤は卵巣を刺激しますが、卵子そのものには作用しません。したがって排卵誘発剤によって、生まれてくる子に障害が発生することはありえませんし、その報告もありません。

よく使われる排卵誘発剤

排卵誘発剤でよく使われるのは、経口薬の排卵誘発剤「クロミフェン」という薬です。クロミフェンは、無排卵無月経の人に用いられますが、それだけでなく、黄体機能不全を改善したり、人工受精における妊娠率を向上させるなど、適用範囲が広い薬です。このため不妊治療では、排卵誘発剤といえばクロミフェンのことを指すというくらい、よく使われています。クロミフェンは脳に作用して、卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌をうな、がすことにより、間接的に卵胞の発育をうながし、排卵をうながします。

排卵誘発剤の副作用

どんな薬でも、多かれ少なかれ副作用が起こり得ます。クロミフェンにも、長期間使用すると「子宮内膜が薄くなる」「頚管粘液が減少する」などの発生率が高まるといった副作用があります。またこの薬を用いて妊娠した場合は、ふつうの妊娠より流産率が少し高くなります(まったく変わらないという報告もあります)。また、まれに服用中に頭痛や吐き気が起こることもあります。しかし、経口薬の排卵誘発剤では卵巣過剰刺激症候群とよばれる副作用がでることはほとんどありません。
また、排卵誘発剤では、副作用のみならず、双子や三つ子などの多胎が心配だという声もよく耳にします。クロミフェンを使用した場合では、双子が生まれる確率は5%と高まりますが、通常の自然妊娠でも80組に1組(1.25%)の割合で双子が生まれます。また、三つ子以上が生まれる確率は、ほぼ、自然妊娠と同等と考えられています。

クロミフェンの服用法(タイミング)

クロミフェンの服用法は、生理がはじまって5日目から、1日1錠を5日間飲むことからスタートすることが一般的です。副作用を軽減するために、生理初日から、あるいは3日目からのタイミングで服用するように指示する医師もいます。
タイミング法・排卵日と妊娠率

その他の経口薬の排卵誘発剤

経口薬の排卵誘発剤としては、クロミフェンのほかに、セキソビット(一般名シクロフェニル)という薬もあります。クロミフェンと同じく排卵をうながす作用があります。セキソビットは、子宮内膜が薄くなったり、頚管粘液が減少したりする副作用が少ないのですが、排卵をうながす効果はクロミフェンほど高くありません。

注射薬の排卵誘発剤の特徴

同じ排卵誘発剤でも、経口薬と注射薬はまったく別の薬だと考えたほうがよいでしよう。注射薬の排卵誘発剤としでは、hMG製剤がよく使われています。これらの薬は、卵巣を刺激するホルモン(FSH)と同じ作用があります。卵巣に直接はたらいで、卵胞の発育をうながします。
経口薬に比べて、注射薬は作用が強いという特徴があります。また、無排卵の人に排卵をうながす目的で使用する場合と、体外授精のために一度にたくさんの卵を得るために用いる場合とでは、使用量もまったく違います。注射薬の排卵誘発剤は、一度に複数の排卵が起こることがよくあります。そのため双子や三つ子などの多胎となる確率が20%と、経口薬よりぐんと高まります。注射薬は作用が強いので、用いる量や患者さんの状態、その人の薬に対する感受性によっては、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)という副作用がでることもあります。

医師からしっかり説明を受ける

多嚢胞性卵巣症候群図解卵巣過剰刺激症候群(OHSS)は、排卵誘発剤を使用したとき、卵巣が強い刺激を受けて大きく腫れることをいいます。クロミフェンなどの経口薬では、卵巣過剰刺激症候群はほとんどみられませんが、注射薬の排卵誘発剤(hMG製剤)を投与されたあと生じやすいといわれます。
ほとんどの場合、経過を観察するだけでよくなりますが、ときにお腹に水がたまって脱水症状になって入院治療が必要になる場合もあります。最悪のケースでは、腹水や胸水がたまった結果、血液が濃縮されて脳梗塞に至ることもあるので、十分な注意が必要です。この治療を受ける際には、医師から直接、しっかりと説明を受けておくことが大切です。卵巣過剰刺激症候群は、若くて卵巣の反応が良好な人や、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人に発症しやすいことが知られています。

体外受精をする場合

体外受精図解体外受精をする場合では、たくさんの卵を得るために、注射薬の排卵誘発剤の使用量が多くなり、卵巣過剰刺激症候群の発生も増加傾向にあります。体外受精の場合は、医師から治療のスケジュールをくわしく説明してもらってください。hMG製剤を使用する場合、なによりも大事なのは、患者さん自身がこの薬の投与を受けていることを知っているということです。
お腹が張る(腹部膨満感)、下腹部痛、吐き気、嘔吐などの症状がでたり、急に体重が増えたときには、速やかに医師に連絡して対処してもらうことが大事です。体外受精は、経済的、精神的、肉体的に、大きな負担がかかります。とくに体外受精をクリニックで行う場合は、そのクリニックと入院設備の整った病院との連携についても事前に説明を受けておいて、いざというときの対処法を知っておくことが重要です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ