女性の不妊検査(種類・原因)

不妊治療(原因や治療法)

女性の不妊検査

女性の不妊検査には様々な種類があります。、たくさんある検査で少しずつ不妊の原因がわかってきます。
女性の不妊検査について

調べる時期は大きく分けて三期

血液検査初診のあとには、問診や初診検査の結果をふまえた各種検査を行います。ひと通りの検査が終わるまでには、生理の周期でいって2~3サイクル、期間にするとだいたい2~3か月かかります。これらの検査を順に受けていくことによって、不妊の原因を明らかにします。なので、それぞれの時期に合わせた検査が必要になります。調べる時期は大きく分けて三期あり、そのつど採血することになります。
採血が苦手な女性は多いものですが、この検査も内診と同じく、不妊治療には欠かせない検査です。治療期間中はずっと採血がつきまといますから、覚悟しておくことも必要です。
検査の種類

ホルモン検査

採取した血液から、ホルモンの状態を調べる検査です。排卵や生理に関係しているホルモンは、生理周期によって大きく変動しています卵胞刺激ホルモン(FSH)や、黄体化ホルモン(LH)など、排卵機能を調べるためにはLH-RHテストを、乳汁分泌ホルモン(プロラクチン。PRL)甲状腺ホルモンを調べるにはTRHテストを行います。どちらもテスト薬を静脈注射し、注射前と注射後15分、30分、60分のホルモン数値を調べます。

LH-RHテスト
LH-RHとは、黄体化ホルモン放出ホルモンのことです。この検査は、排卵障害の原因となっている部位を見つけるために、LH-RHを注射して、黄体化ホルモン(LH)や、卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌パターンを調べます。
TRHテスト
TRHは、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンのことです。この検査は、TRHを注射して、プロラクチン(PRL:乳汁分泌ホルモン)の分泌状態を調べます。プロラクチンが過剰に分泌される(高プロラクチン血症)と、排卵が障害されることがあるので、TRHテストをして、潜在的な高プロラクチン血症がないかどうかの診断をつけます。

超音波検査

超音波検査下腹部や腟内から超音波を当て、はね返ってくる反射波が画像となって映し出されます。子宮や卵巣の状態をこまかく調べることができます。おなかの上から超音波を当てる「経腹超音波断層法」と、腟内から当てる「経腟超音波断層法」がありますが、不妊検査ではほとんどが経腟超音波断層法で行われます。
この検査では、子宮筋腫などの不妊原因となる病気を見つけることもできるのと、生理周期とともに変化する子宮内膜の状態も調べることができます。なかでももっとも重要なのが、卵胞の成熟度が調べられることです。
排卵前の卵胞は少しずつ大きく成長してきますが、このサイズ(直径)を超音波検査で測定することにより、かなり的確に排卵を予測することができます。そのため、排卵近くには必ず行われる検査で、排卵予潮には欠かせない検査です。また、妊娠した場合には、妊娠5週以降に受精卵が着床した姿(胎のうと呼ばれるものになっている)を確認することもできます。

頚管粘液検査

排卵時期を調べる検査です。子宮頚管は普段、子宮内蔀に雑菌が入り込むのを防ぐ役割を担っています。しかし排卵期だけは、精子が入りやすくなるよう粘液をたくさん出して進入をうながします。これが頚管粘液で、排卵期には量が増えるだけでなく、粘りが強く伸ばすと糸を引くような状態に変化します。
検査では、頚管粘液を針のない注射器で吸い取り、乾燥させてから顕微鏡で観察します。より排卵が近いときの頚管粘液は、顕微鏡で見るとまるでシダの葉のような形に見えるため「シダ状結晶」と呼ばれます。
この結晶の状態から、排卵がいつ起こるのかを予測するのに役立ちます。なお、この方法は、排卵のこまかい日時まではわかりにくいため、超音波検査や尿検査などの他の検査を併用して行われています。

子宮卵管造影検査

子宮卵管造影検査子宮の状態や卵管が通っているかどうかを調べる検査です。子宮からヨードと呼ばれる造影剤を注入し、X線撮影を行います。ヨードが入ったところは、X線によって白く浮かび上がり、逆に入らなかったところは黒く映ります。これによって、卵管のつまりや細くなっている場所、子宮の奇形などがはっきりとわかります。
この検査でヨードを注入すると、少しの卵管癒着なら開通してしまいます。そのため「検査=治療法」として効果が高いといえるでしょう。しかし、まれにヨードによってアレルギー反応が起こる場合があります。ときに命にかかわる場合もあるので、アレルギー体質の人や、以前ヨードを用いた造影検査で湿診が出たなど、アレルギー反応を起こした人は、事前に必ず医師に申し出てください。

通気・通水検査

卵管の通り具合を調べる検査です。通気検査では二酸化炭素を、通水検査では食塩水を、一定の圧力をかけて注入します。軽い癒着ならこの検査を数回受けるとかなり改善するため、治療法としても行われています。癒着をはがすときに少し痛むことがありますが、この痛みの度合いはどのくらい癒着しているのかを知るめやすとなるので、痛みが大きい場合には遠慮なく医師に伝えましょう。
また、通気検査の場合、検査後に肩に痛みを感じる場合がありますが、これは卵管を抜けた二酸化炭素が肩への神経を圧迫するためで、心配はいりません。痛みは1~2日でとれます。

フーナーテスト

排卵期に行われる検査で、女性の頚管粘液と精子の相性がよいかどうかを調べることができます。具体的な方法は、性交渉の三~五時間後に女性の頚管内部および子宮内腔を調べ、そこにいる精子の状態を調べます。
性交渉後に受診して検査を受けることから、医師に「この日に性交渉をして」と指示されることになります。通常は何度も行う検査ではないですが、検査結果がよくない場合には、何回かくり返し行います。

抗精子抗体検査

抗精子抗体人のからだが、外部異物から身を守るときに働く機能を免疫抗体といい、外部から進入してきた精子を異物とみなして攻撃してしまう抗体を抗精子抗体といいます。この抗体を持つ女性の体内では、精子は生きられないか、もしくは生きても弱まってしまう特徴があります。この抗体の有無は、血液検査で調べられます。
もし抗体があったとしても、数値が低ければ自然妊娠も可能ですし、数値が高くても、人工授精や体外受精で妊娠することができます。ただし、抗体の数値はいつも一定ではありません。数値が低くなるときもあるので、定期的に検査を続けていくことが大切です。

子宮境検査

子宮内に子宮鏡を入れ、内部のようすをモ二ター画面で観察します。子宮筋腫や奇形、癒着などを調べる検査ですが、小さなポリープならこの検査のときに取り除くことができます。

腹腔鏡検査

腹腔鏡検査図解おへその下を1~2cm切開し、そこからファイバースコープを入れて中を調べます。全身麻酔で行うために入院が必要ですが、腹腔から卵管、卵巣など、広範囲にわたって正確に内部を調べることができるため、原因がわかりにくいケースの検査としても効果的です。腹腔鏡検査の際に卵管鏡検査(卵管内のようすをみたり、癒着をはがしたりするのに効果的な検査)を並行して行うこともあります。
検査後、一日程度入院しますが、翌日からはなんの支障もなく日常生活をおくれます。おなかを切る点や、入院しなくてはならないなどの負担もありますが、十分メリットのある検査です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ