性周期とホルモンの変化

不妊治療(原因や治療法)

性周期とホルモンの変化

性に関係する周期的変化は、視床下部と下垂体からの性の管理情報を各種ホルモンが子宮などに伝えます。
妊娠とホルモンの関係

女性の生理(月経)や排卵といった、性に関係する周期的変化には、脳の視床下部や下垂体、卵巣から分泌される各種のホルモンが周期的に増加したり減少したりすることによって起こります。

ホルモンは妊娠のキーワード

視床下部は、からだの自律神経をつかさどっている中枢機関で、呼吸、循環、睡眠、消化などといった、人間の意志ではコントロールできない機能を管理している場所です。性機能に関しても視床下部で管理されていて、ここから下される各種指令を子宮などに伝達しているのが、ホルモンです。ホルモンの名称と役割を以下に紹介していくので覚えておきましょう。
性周期とホルモン

性周期と各種ホルモンの働き図形

①まず、生理が起こると、視床下部からゴナドトロピン放出ホルモンが分泌され、下垂体を刺激して卵胞刺激ホルモンの分泌を促進します。分泌された卵胞刺激ホルモンは、卵巣を刺激して卵巣内の卵胞を発育させます。

②成熟した卵胞からは、エストロゲンが分泌されます。エストロゲンは子宮に働きかけて子宮内膜を厚くし、受精卵を受け入れる準備を整えます。このエストロゲンが血液中に増えていくと、視床下部と下垂体に逆に働きかけ(フィードバック)、卵胞刺激ホルモンの分泌を抑制し、黄体化ホルモン放出ホルモンが視床下部から大量に分泌され、下垂体を刺激して黄体化ホルモンの大量の分泌を促進します。

③大量に分泌された黄体化ホルモンは卵巣に働きかけて排卵をうながし、排卵後の卵胞は黄体に変わります。

④黄体からは、プロゲステロンが分泌されます。プロゲステロンは子宮内膜をさらに厚くさせ、受精卵の着床に備えると同時に、フィードバックして視床下部と下垂体に働きかけ、卵胞刺激ホルモン黄体化ホルモンの分泌を抑制し、次の排卵を抑えるよう働きます。

⑤排卵後、受精が起こらないと黄体は退化し、プロゲステロンが減少して子宮内膜がはがれ落ち、生理が起こります。

⑥受精卵が子宮に着床して妊娠が成立すると、黄体は発達を続け、プロゲステロンの分泌も続きます。

性周期とホルモン

性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)

卵胞刺激ホルモン黄体化ホルモンのこと。

卵胞刺激ホルモン

卵胞を成熟させるよう、卵巣に働きかける。

黄体化ホルモン

成熟した卵胞に排卵をうながす。

ゴナドトロピン放出ホルモン

視床下部から下垂体へ、性腺刺激ホルモンの分泌をうながす。

エストロゲン(卵胞ホルモン

卵胞が成熟してくると増加し、子宮に内膜を厚くするように指示を出す。このホルモンとプロゲステロン(黄体ホルモン)が減ると生理が起こる。

プロゲステロン

排卵後の卵巣から分泌される。卵胞ホルモンとともに子宮内膜を厚くして、着床しやすい状態に導く。

黄体化ホルモン放出ホルモン

下垂体から性腺刺激ホルモンを分泌させる。

スポンサードリンク

ページの先頭へ