不妊治療・漢方薬の効果

不妊治療(原因や治療法)

漢方薬

不妊症の患者さんの多くは、冷えをはじめとする不定愁訴をたくさん抱えていることが少なくありません。不妊治療にも漢方薬が効果的なケースがありますが、不妊に悩むすべての人に有効というわけではありません。
不妊治療と漢方薬

漢方療法の利点

不妊治療と漢方薬漢方療法の大きな利点は、西洋医学による医療よりも副作用が少ないことです。更に、西洋医学では解決できない部分をも十分に治療できるという優れた特色を持っています。最近では、このような東洋医学がふたたび注目されて、西洋医学と東洋医学の持つ優れた特色を、それぞれ生かした『統合医療』という、新しい医療の考え方も使われるようになりました。
漢方医療は、「精神的・身体的・社会的にライフスタイルを改善するとともに、西洋医学の欠点を補えるよきパートナー」として、その存在価値はますます高まってきています。

すべての不妊に対して有効ではない

不妊に漢方薬が効果的なケースが多いですが、不妊に悩むすべての人に有効というわけではありません。卵管閉塞子宮後屈などの形の異常に対して、漢方薬が無効なのはいうまでもありません。また、クラミジアなどの性感染症が原因で不妊になっている場合にも効果はありません。クラミジア淋菌などには抗生物質のほうがはるかに有効で、確実です。

処方された人にのみ効果がある

漢方薬はその人の症状に合わせて処方されます。患者さんひとりひとりの症状が違うように、受けとる漢方薬もそれぞれ違います。たとえば、患者さんの自覚症状として、みずおちから脇腹にかけて詰まっているような感じがあり、医師が切診すると手に抵抗を感じ、患者さんほ苦痛を訴えるという状態を胸脇苦満といいますが、これに対して処方する漢方薬は、その程度によって、大柴胡湯柴胡加竜骨牡蛎湯小柴胡湯四逆散柴胡桂枝湯柴胡桂枝乾姜湯など種類が変わってきます。
さらに、肩こりがひどい、便通がよくないなど患者さんの訴えがあれば、薬の内容が少しずつ変わります。同じ症状で薬をもらったとしても、患者さん同士で交換して服用することはできません。逆にいえば、正しい診断のもとに処方された漢方薬とは、本人のみに効果を発揮する薬だといえます。
漢方薬の効果

漢方薬の副作用

漢方薬でも副作用がみられる場合があります。漢方は副作用がないと思っている人がいますが、これはまったくの誤解です。服用中に、発疹、かゆみ、消化器症状などが出ることもあります。
副作用については、処方してくれた医師にすぐに相談することが大切です。また、漢方薬は自己流に用いるのはやめましょう。薬である以上、必ず医師の指導のもとに服用して下さい。

スポンサードリンク

ページの先頭へ