基礎体温の見方・測り方(基礎体温グラフ・妊娠)

不妊治療(原因や治療法)

基礎体温

基礎体温は、排卵や黄体機能などを知るうえで、もっとも簡単でわかりやすい方法です。
多くの欠点もありますが、不妊症かなと考えたときの最初の一歩でもあり、また、最近では、未婚の女性でも自分のからだの状態を知る手段として、基礎体温をつけている女性が増えてきています。
基礎体温について

基礎体温とは?

排卵を終えた卵胞は黄体化して、そこからプロゲステロン(黄体ホルモン。P)が分泌されるようになります。そして、Pの増加に伴って体温が上昇します。ただし、その温度変化の幅はたいへん小さいために、睡眠から目覚めてすぐの朝いちばんに、からだをなるべく動かさない状態で計測します。これが基礎体温です。
この基礎体温を毎日記録し続けることによって、月経周期排卵黄体機能(高温期)の長短など、多くの情報を得ることができます。

基礎体温とホルモンの変化

基礎体温・ホルモンの推移グラフ基礎体温を毎日測っていると、体温が変動していることがわかります。これは、生理周期とともにホルモンも変動している証拠です。この変動からは、ホルモンバランスの状態を知ることができます。基礎体温表には、治療スケジュールを組み立てるためのデータプランとしての役割もあります。
基礎体温の低温期(月経開始より体温が上昇するまで)は平均13~15日で、その温度の平均は36.0~36.5度です。この間は、エストロゲン(卵胞ホルモン。E)によって体温の上昇が抑えられています。その後、基礎体温は排卵直後に上昇を開始し、排卵後は36.3~36.7度にまで上昇します。これは、Eの分泌の一時的な低下と、Pの急激な分泌増加によって起こります。このPの増加に先立ち黄体化ホルモン(LH)が分泌されます。
排卵後の黄体からは、多量のPが分泌され、体温を高温に保ちます。これは、受精した卵子が母体という自然の培養器の中で37度に保たれるためと考えられています。この体温の上昇は12~15日ぐらい続きます。妊娠が成立した場合には、高温期は妊娠14週の胎盤完成まで続いたあとに低下しますが妊娠しなかった場合には、月経のスタートとともに低下します。

体温計の種類

基礎体温を測るためには、婦人体温計が必要です。現在はいろいろな種類のものが販売されているので、ご自分に合った使いやすいものを選びましょう。

電子体温計
現在、もっとも簡単で正確な測定を約束できる体温計です。計測時間は60秒から5分まで各種あります。測定値がこまかいので、基礎体温表に記入する際は、表の低いほうの目盛りに記入します。誤差に関しては考慮されているので、いずれのメーカーのものを用いても問題はありません。
水銀体温計
実測で体温を測定するので、もっとも正確な体温を測定できます。しかし、測定時間が5分と長いのと、前日に水銀を戻さなければならないわずらわしさかがあります。
記録付き体温計
記憶式の体温計ですが、値段が一万円ぐらいからと非常に高価なのと、記録が見づらいという欠点があります。

基礎体温の測り方と数値

体温計を購入したら、さっそく基礎体温を測ってみましょう。

①目が覚めたらなにもしないうちに、枕もとに置いてある体温計に手を伸ばし口にくわえて測定します。正確に測るために、舌の裏側に体温計の先を当てて測ります。

②測定はできる限り、毎日同じ時刻に行います。ズレは、いつもの測定時間の1時間以内に抑えましょう。そのため、なるべく同じ時間に寝て、同じ時間に起きることが望ましいですが、少なくとも、午前2時までには眠る、午前5時前には起きない、の2つを守りましょう。

③測定は、最低4時間以上の睡眠のあとに行います。普段七時に目が覚め基礎体温を測る人が、6時に目が覚めてトイレに行きたくなったら、起き上がる前に測定し、それを表に記入します.。ただし、5時前の起床(通常の起床時間より2時間以上前)の測定のときには、そのことを欄外に記入して、その日の基礎体温は参考にとどめます。

④発熱時やアルコールを飲んだあとは体温が上昇しがちです。欄外に記入しておきましょう。また、3時間以内の短い睡眠や10時間以上の長い睦眠も体温を上昇させるので、同様に欄外に記入しておきましょう。

基礎体温の記入方法(グラフ)

①計測後の基礎体温は、午前中のうちに記入するよう心がけましょう。

②記入には黒、または青のボールペンを使用して、点よりもやや大きくしるしましょう。

③水銀式体温計で計測した場合、水銀が目盛りの中間にあるときには、低いほうの値を記入しましょう。

④ストレス、病気、旅行など、いつもと違う環境での就寝も体温に変化を与えるので、欄外に記入しておきましょう。

⑤体調不良や寝坊、二日酔いなど、普段と違うことがあった日には欄外にメモしておきましょう。体温が正確に出なかった場合の参考になります。

⑥体温を記入したら、点と点を線で結び折れ線グラフにしておきましょう。

基礎体温グラフの数値

基礎体温グラフ

測り始め
生理が始まった頃からつけ始めると、見やすくなります。
低温期
生理中と、生理が終わったあとの2週間くらいは低温期が続きます。
排卵
低温期から高温期への境目の前後が排卵です。上がった体温はそのまま高温期へと続きます。
高温期
次の生理までの間は高温期が続きます。もしも妊娠していれば、生理予定日になっても高温期が続きます。妊娠していなければ、生理とともに低温になります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ